シニアに優しいパソコンインストラクターの資格を取得!

一般社団法人日本パソコンインストラクター養成協会(JPITA/ジャピタ)が主催するパソコンインストラクター資格認定試験は、シニア学習者に最適なIT教育を提供できるパソコンインストラクターの資格を認定する、1年に1度の試験です。

パソコンインストラクター資格認定試験

パソコンインストラクター資格認定試験の実施日

  • 認定試験:第33回パソコンインストラクター資格認定試験
  • 実施日時:2017年9月10日(日) 午前10時~午後1時(3時間)
  • お申込み:2017年9月1日(金)まで受付
  • 受験方法:インターネットを利用して受験いただけます。
    ※会場に出向く必要はありません。

《シニアに優しい》インストラクターにこだわる理由は?

シニア学習者の方がパソコンを敬遠する主な理由は、「パソコンの考え方になじめない」「キーボードやマウスが使いにくい」「モニターの文字が見づらい」「必要性を感じない」などです。

難しさを感じさせない教え方ができれば、パソコンを活用するシニア層の方はもっと増えていくでしょう。

私たちは、シニアの特性を理解し、シニアと情報技術(IT=アイティ)の橋渡しができる人材が必要だと考え、この資格認定試験を2002年にスタートし、今年で33回目を迎えます。

どんな能力が求められますか?

パソコンインストラクター

アプリケーションソフトの操作方法を教えるだけがインストラクターの仕事ではありません。

パソコンインストラクター資格認定試験は、生活が便利で豊かになる情報技術の利用法を、楽しくわかりやすく伝えられるスキル(技能)とマインド(気配り)を認定します。