パソコンインストラクター資格認定試験 Q&A

パソコンインストラクター資格認定試験に関するさまざまご質問につきましては以下Q&Aをご覧ください。またその他にご質問がある場合には、お問い合わせください。

Q&A

Question

パソコンインストラクター資格認定試験はWeb上で実施される試験と聞きました。どのような試験なのですか?

Answer

パソコンをインターネットに接続して受験する試験です。受験者の方は資格認定試験当日の開始時間に試験ページよりログインして問題をダウンロードし、解答を解答フォームに入力して送信します。


Question

長時間インターネットに接続することが難しい環境の場合は、受験することはできないのでしょうか?

Answer

いいえ。一時的にでもインターネットに接続できる環境があれば問題ありません。そのような場合は試験ページにログインして問題をダウンロードした後、プリントアウトして解答し、再度試験ページにログインして解答を入力するという方法があります。


Question

受験中、インターネット回線の不具合などが発生した場合はどのように対処すればよいですか?

Answer

試験ページは受験の諸注意を読んで確認する時間や、問題をダウンロードする時間などを含めて、合計3時間は開いています。試験は2時間程度で終了する内容です。時間に余裕を持って解答してください。インターネット回線の不具合などが発生した場合は、一度インターネットの接続を切断したうえで、ご自身で解答をメモしてください。その後不具合が回復したうえで再度試験ページにログインし、解答を入力してください。


Question

受験するにあたり、どのような知識が必要ですか?

Answer

一般的なインストラクション技能、Word、Excelの知識、インターネットやトラブルシューティングについての知識、加齢による身体的・心理的変化に対応できる技能などが求められます。


Question

受験する場合、参考になるテキストはありますか?

Answer

試験対策用テキスト『パソコンインストラクターバイブル』『教えるテキスト』 など、目的やスキルに応じたテキストをご用意しています。


Question

インストラクションをした経験がありません。受験をしても問題ありませんか?

Answer

はい、問題ありません。その場合、パソコンインストラクター養成講座(通信講座)パソコンインストラクター養成学校(通学型)などを利用して学習していただくと、より教える知識を深めていただくことができます。


Question

Word、Excelについてはどのくらいのレベルが求められますか?

Answer

MCAS・MOSスペシャリスト(一般)レベル程度です。『パソコンインストラクター養成講座(通信講座)』テキストのWord・Excel、または 『教えるテキスト』 Word・Excelの初級・中級程度の内容が求められます。


Question

JPITA会員ではありませんが、受験することは可能ですか?

Answer

はい可能です。ただし、JPITA会員様 であれば、資格認定試験の受験料の割引やその他のさまざまな特典がご利用いただけます。


Question

パソコンインストラクター養成講座(通信講座)を受講すると何か特典はありますか?

Answer

はい。パソコンインストラクター養成講座(通信講座)修了生の場合、資格認定試験の受験料が割引になります。


Question

パソコンインストラクター養成学校(通学型) に通いながら、資格認定試験を受験することはできますか?

Answer

はい、できます。パソコンインストラクター養成学校では教え方を実践的に学ぶことができるので、インストラクションについての知識を学習したうえで受験に備えることができます。


Question

受験料の支払いはどのようになりますか?

Answer

クレジットカードでの支払い、または銀行振込のいずれかを選択できます。


Question

旧JPITA検定で取得した資格を履歴書に記載する際は、どちらの資格名で記載すればいいですか?

Answer

現名称の「JPITAパソコンインストラクター資格」と記載してください。
JPITA検定とJPITAパソコンインストラクター資格認定試験は同一のものですので、合格証に記載されている資格名と異なっていても問題はありません。